固定はしご(タラップ)の全景

アクロバット
垂直型ワイヤータイプワイヤータイプ

EN353-1規格 準拠

アクロバット 垂直型ワイヤータイプは、タラップや固定はしごの昇降時・作業時に作業員の墜落・転落を防止するシステムです。
スライダーがスムーズに移動者を追従し、昇降の妨げになりません。また、万が一足を滑らせても最短距離でロックが働き、落下を防ぐとともに衝撃を吸収して作業者の身体を守ります。万が一の時は衝撃を吸収し、地面への激突を防ぎます。
屋上面よりも上にアンカーポールDがせり出しているため、しっかりと屋上面に登りきってからランヤードフックを外す仕様のため、安全性が高いことも特徴です。

使用イメージ

S__26656776
2021-12-06 10-09-03
suichoku8
suichoku2
2022-03-17 12-21-49
previous arrow
next arrow
S__26656776
2021-12-06 10-09-03
suichoku8
suichoku2
2022-03-17 12-21-49
previous arrow
next arrow
Shadow

垂直型ワイヤータイプの特長

  • 専用スライダーの自動ロックが働くことで転落を防止
  • 転落時の衝撃を抑えるショックアブソーバー付き
  • 専用スライダーの手動ロック機能を使えば、疲労時に簡易的に身を預けることが可能
  • フックの掛け替えが不要でスムーズな昇降を実現
  • トップアンカーポールDを高く突き出して設置することで頂上部での安全な脱着が可能

さらに…

  • サビに強い材質で構成されており幅広い設置場所に対応
  • 欧州EN規格 EN353-1およびCNB/P/11.073に適合し、CEマークを取得
  • 専用スライダーは簡単に取り付けおよび取り外しができ、作業現場への素早いアクセスが可能
  • ワイヤーケーブルは10mごとに固定され、強風で生じる音や表面の損傷を防ぎます

垂直型ワイヤータイプのスライダー

垂直型ワイヤータイプのスライダーは昇降者の動きを妨げずスムーズに追従し、下方向にテンションがかかるとロックがかかる独自機構。

実際の動きを動画でご確認ください。

垂直型ワイヤータイプの構成部品

垂直型ワイヤータイプは以下の部品で構成されています。サビに強い材質で構成されており設置場所を選びません。

アクロバット垂直型ワイヤータイプの部材構成。ショックアブソーバー、トップアンカーポールD、スライダー、ワイヤーホルダー、ボトムアンカープレート。
固定はしご(タラップ)の全景

垂直型ワイヤータイプの設置事例を見る▶

>>設置事例のページへ移動します<<

株式会社G-place 設備資材事業グループ03-3527-2992受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料請求・お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。