野良作業でも転落・墜落の危険性あり!斜面草刈り作業時の注意ポイント。

ひらの

高所作業時の事故を「ゼロ」に!
株式会社G-Place 設備資材事業グループの平野です。
弊社では現場での高所事故を防ぐべく、年間のべ50件以上の現場にお邪魔し安全対策のご提案をしています。
この記事では「野良作業時の安全対策」についてお伝えします!
ぜひご参考にしていただければと思います。

少しの油断が滑落事故につながる野良作業

農家さんなどが行う作業全般に関わる野良作業。

一見すると、のどかなイメージを持ちますが、普段歩きなれた場所であっても転落・墜落の危険性があるのが、草刈り作業時に足元が斜面になっているケースです。

平地の田んぼや畑であればこういった心配はありませんが、山間部や川沿い、法面などでの作業時は普段どおりに動けなくなることも珍しくありません。

特に、刈払機を使用して草刈り作業をしている場合には、両手が塞がった状態でバランスを崩すため、事故を防止するためフルハーネス等による安全確保が求められます。

刈払機の安全ロックだけでは対応出来ない可能性も

敷地面積が一定以上になると、斜面などでは刈払機を使用して草刈り作業をすることが多くなります。刈払機は一般的に安全衛生教育を修了していても、機械構造の問題から緊急時の対応が非常に難しいものです。

肩下げタイプのセーフティロックはほとんどの刈払機に準備されていますが、いわゆる固定フックであることが多く、ふと足を滑らせた瞬間の緊急的な着脱は困難になります。

さらに、チップソーなどの刃を使用する場合には横転や転倒だけでも大変危険な状態になります。

刈払機はエンジンを停止してもしばらくは刃の回転が続くため、場合によっては裂傷などに繋がる恐れもあります。

こういったリスクを回避するためには、万が一姿勢を崩しそうになった時に、刈払機から手を離さずに身体を預けられるフルハーネスなどの装備が大切になってきます。

フルハーネスであれば複数点で身体を支えることが可能ですので、姿勢が崩れそうになった場合でも転倒防止や滑落の防止が可能になります。

斜面の草刈りで注意したいポイントとは?

斜面の勾配にもよりますが、もっとも事故に繋がりやすいのは草で見えない部分が脆くなっており、そこに足を乗せた瞬間にバランスが崩れるというケースです。

ある程度草刈りが終わっていても、地面の強度までは想像しにくいものだからです。

また、草刈りで傾斜地になっている場所の多くは下が土や砂になっており、予想以上に育っていた根やツルなどが足元を狂わせてしまうこともあります。

ポイント① 勾配の角度

斜面では勾配がきつくなるほど滑落や事故の危険性が上がります。

見るからに勾配がキツイという場所でない場合でも、実際に草刈り作業を始めると不安定になることも多いものです。

まずは草刈り範囲の上、もしくは下の部分を一定の範囲で刈払いを入れておき、勾配の角度は予め把握しておきましょう。

特に草が伸び切っているような場所では、地面の形が年数の経過で変化していることもあります。

傾斜地で30度以上の勾配がある場合には少なくとも安全帯等での安全対策を講じることをおすすめします。

ポイント② 作業前の天気

雨などが続いたあとの傾斜地は土壌によって地滑りが発生しやすくなります。

泥状になった土にも注意する必要がありますが、刈り取った雑草が水分を含んでいると、傾斜の上で踏んだだけでも非常に滑りやすい状態にあります。

草がもっとも伸びやすい、春先から夏にかけては梅雨を挟んだりすることで水はけが悪くなっていることも多くなります。

天候は足場を大きく左右する要因の1つですので、悪天候時には作業を避けるなど、無理な作業の進行は控えましょう。

ポイント③ 草丈や雑草の種類

草丈が高ければ高いほど、足元の状況は確認しにくくなり、少しの段差でも転倒に繋がるおそれがあります。

また、雑草の種類によってはツルが非常に長かったり、茎が強かったりすることもあるため、刃が止まった瞬間に反動が刈払機から身体へと伝わります。

とくに刃が止まった瞬間に回転数を上げている場合には強い反動があるため、事前に雑草の種類に応じて適切な刃を使用することも事故を防ぐポイントです。

作業の手間はかかりますが、雑草の種類によっては二度刈りを検討するなど、無理のない作業計画を立てましょう。

ポイント④ 滑落防止の対策をする

作業をしている人間がいくら気を付けていても発生するのが滑落事故の特徴です。

事故が想定されるような状況や現場であれば、予め滑落を防止するための対策をしておく必要があります。

靴をスパイクシューズにしたり、姿勢が悪くなりやすいポイントは手刈りをするなど、状況に合わせた作業対策なども必要です。

しかし、これらを行った上でも万が一の事故に備えるためには、”滑落しづらい状況をつくる”だけでなく”滑落した場合に身を守れる対策”が必要になります。

なるべく1人で作業をしない

行き慣れた場所や住み慣れた土地では、どうしても野良作業が日常的なものになりがちです。

普段から1人で作業をしていると最初は緊張感を持っていてもだんだんと慣れてきます。

また、1人での作業になると周囲への助けを求めることが難しいというリスクがありますが、これらも意識的に考える機会は少ないのではないでしょうか?

しかし野良作業における滑落事故は、1度で大怪我に繋がることもあります。

一刻を争うような事故に遭遇した場合、1人では難しいことでも、もう1人が確認できれば迅速に救助が出来ることもあります。

野良作業では蜂やムカデ、蛇といった害虫対策も大切です。常に1人が動けなくなってしまった場合の想定をした上で作業にあたることで事故被害を最小限に抑えることが可能になります。

緊急時の連絡先を把握しておく

緊急時の連絡先は、家族や自宅だけではなく、近隣の医療施設や保健所などを含めて把握しておきましょう。また、これらの連絡先を共有しておくことで万が一の問題に対して迅速な対応に繋がることになります。

野良作業の事故内容によっては有毒な蛇や蜂など、特殊な問題が発生することもありますので、迅速な治療に繋げられる導線も大切です。

まとめ

近年では後継ぎ不足の問題から、野良作業などに若者が従事しないこともあり、放棄されている田畑も増えてきています。

また、普段の手入れが難しい勾配のある斜面や法面はできる限りの対策をした上で作業にあたることが重要です。

作業内容としては非常に単純な草刈りですが、実際に作業をするときには様々なリスクが存在しています。

作業前の敷地確認、道具類のメンテナンスや装備のチェック、緊急時に身を守るための対策などはしっかりと立てた上で作業工程を作成するようにしましょう。

普段から慣れているという理由でリスク軽視するのではなく、慣れているからこそ事故を未然に防止出来るような対策をとり、安全を確保した上で作業することを心がけてみてくださいね。

\高所安全対策について/

今すぐ問い合わせる